体型に合わない洋服の問題点

一目惚れした洋服を試着したら、全然似合わなかった…服を選ぶ時に、そういうこともありますよね。洋服には柄や色、デザインによっては体型に合わなくて、バランスが悪く見えてしまうことがあります。全体像をバランスよく見せるためには、シルエットと視線誘導を意識する必要があります。例えば、明るい色は膨張色、暗い色は収縮色になるため、白いニットを着ると余計に太って見えてしまうことがあります。またお腹周りに肉がある場合、裾が広がるようなフレアスカートは腰幅を太く見せてしまうため、着太りしたように見えてしまいます。身長が小柄な人が柄物を着ると、柄が目立ちすぎて違和感が出ることもあります。着たいものを着るのも悪いことではありませんが、せっかくなら自分に似合うコーデを考えていきたいですね。

体型に合わない服の解決編

白いニットの膨らみ感を抑えるには、収縮色で柄物のロングスカートを合わせてみましょう。柄物は目立つので視線がスカートの方に行き、白が目立ちにくくなります。また、白いニットでも縦のストライプが入ったものであれば視線が下に行くため、ボトムスが無地でも白の膨張を軽減することができます。腰の肉が気になるフレアスカートはウエストを高めにして、ジャケットを羽織りましょう。硬い素材のトップスでウエスト部分を隠すのと同時に、シュッとしたシルエットにすることで肉の厚みを見えなくすることができます。小柄な人の柄物スカートは、柄が小さいものを選ぶのがベターです。またボトムスが大きめの柄でも収縮色であれば、トップスを明るいカラーにすることでバランスを取ることもできます。このように、体型に合わない服でも工夫次第では着こなすことができます。シルエットと視線誘導を意識して、コーデを考えていきましょう!

洋服選びのポイント

服の系統で選ぶ