ファッションと性格の関係性

人の性格を見極めるポイントとしては、外見をチェックすることがあげられます。すべての人に当てはまるというわけではありませんが、派手好きな人は髪型やメイク、ファッションも派手にしていることが多く、逆におとなしい性格の人は落ち着いた色合いやデザインの服を選ぶ傾向があります。良い印象を与えるためには第一印象が大事ですので、自分がどんな人だと思われたいのかをよく考えてファッションも選んでいきましょう。人に好かれる性格の人としては、明るく社交的ということがあげられます。笑顔を見せるなどの努力も大事ですが、いくら性格が良くてもファッションで損をしてしまう人も少なくありません。本来は明るい性格の人も、ダーク系ばかり選んでいる、重さを感じるデザインの服を着用していると、暗い印象を与える可能性もあります。

白やパステルカラーを取り入れよう

明るく社交的に見せるレディースファッションを選ぶなら、カラーに注目してみましょう。ダーク系は落ち着いたイメージがあるため地味に見えることもあり、暗い印象を与える可能性も否めません。明るく社交的に見せるなら、白を取り入れてみましょう。白は清潔感もありますし、カラフルな色が苦手という人にも使いやすい色です。さらに、ピンクや水色などのパステルカラーも明るい印象になります。黄色や赤、オレンジなども元気で明るいイメージがありますが、強い色でもあるので、使い方を間違えると派手な人に見える可能性もあります。デザインは女性らしいワンピースやスカートでも、ボーイッシュなスタイルでもどちらでも明るい印象になるので、それぞれのイメージや好みに合わせて選んでいきましょう。

洋服選びのポイント

服の系統で選ぶ